CHRYSE

クリュセといいます。 コロコロアクセサリーとビーズボタン、 やや気まぐれに 布雑貨を作っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

台紙  

毎日寒いですね。
極寒のPC部屋、
室内なのにマフラーとコートを着用して更新中です

IMG_3536.jpg

ビーズボタンのブローチは
「ボタン」と一見、見分けがつかないので、
区別するため布で台紙を作りました。

ミシンを長いこと触ってなかったので
なかなか楽しい作業でした♪

先日、ゆめたがえさんに納品した際、
「ここまでするなら、袋として活用できるものにしたら?」
とのご提案をいただきました

いい!

と思ったのですが、
ただ切って縫うだけと、袋に作る作業には
私にとって雲泥の差がある現実。。。

アイロンをかけたり、ひっくり返したり
角を出したり…
あ~無理無理


これはこれとして、また別にアクセサリーケースに挑戦したいと思います。

ピアスが便利な形で収納できて、
いつもポーチの中でスタンバってくれそうな軽くて小さなケース。

しっかり考えて作ってみよ^-^

スポンサーサイト

category: アクセサリー

thread: ハンドメイドの作品たち - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

ニンジンのエビフライ  

今日、ゆめたがえさんのお店番でした。

ビーズのボタンをブローチにしたもの、
ヘアゴムにしたもの、
十点ほど納品しました。

今日は土曜日というのにお客様が少なめだったので、
お店番をしながらひとり、プレートランチをいただきました

いつもとってもおいしいのですが、
今日はさらにサプライズ!
長く切ったニンジンに、パン粉をつけて揚げた一品がおいし~い

厨房では、通称「エビフライ」と呼ばれているそうです。

エビフライの味はしませんが、
その風貌と香ばしさ、ドンピシャのネーミングです♪

ニンジンなんだけど、タダモノではないおいしさ☆
聞けば年に一度しか入荷しない
有機栽培の特別なニンジン、とのことなんです。

しばらくプレートランチに乗ってくるようなので
ご興味のある方はぜひ^-^

ゆめたがえさんのランチは
品数も多くて千円めちゃめちゃ良心的です。
毎日数量が決まってるそうなので、
予約していただくと確実みたい。
0745-74-3500です。

写真がなくてごめんなさい

ランチのついでに
よかったら私の作品も覗いてみてくださいね^-^

category: お店番

thread: ハンドメイドのお店 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

オーダーで気付くこと  

blg71.jpg

雑貨屋さんのPuchicoさんからご依頼をいただいて、
年末にお届けした作品です。
ご自身が身に着けられるネックレス。

リバティプリント「ファーガス」とコロコロで。

布地はPuchicoさんお手持ちのものです。
あまりにカワイイので、
ずうずうしくもおねだりして自分用にわけていただきました

Puchicoさんが「好きに作ってくれていいよ~」
と、言ってくださったので、
本当に好きに作りました。

気にしたのは、軽量に、ということだけ。

でも、Puchicoさんにとっても似合う感じにできあがりました!
おっ♪

もともとご自身の布地…ということもありますが、
作っている間、
その方をイメージしているせいでもあるんでしょうね

category: アクセサリー

thread: ハンドメイドの作品たち - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

またまたビーズ刺繍のボタン  

一月に入ると気分だけは春めきます。
チャイナみやげな色味でボタンを作りました。


IMG_3523.jpg


いかにもおもちゃっぽい
にせものっぽい色合わせ。

楽しいです♪

ヘアゴムなんかに良さそう。

秋からのダークなカラーも引き続き作ってますよ~^-^

IMG_3531.jpg

こっちはこっちでスキ

同じデザインのボタンをいくつも続けて作ると、
ビーズを取り出す手間が一度にすんで
時間のロスがないんですが

根気が続かなくて二個続いては同じものは作れません

糸を継ぎ足すタイミングで
別のボタンを刺し始めることもあります。

シードビーズをそこらじゅうに散らかします。
そうすることで
意外な色合わせの発見もあったりして

いやいや撤収作業もタイヘン

まあそんな風にスローペースで制作中です。


category: 素材

thread: ハンドメイドの作品たち - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

ICO-霧の城-  

blg72.jpg


12月始めにランチした友達が
中二の娘さんに読ませる本を探してる、と
話してました。

なるほどと、共感して
私も次の週に本屋さんで物色。

うちの小6の長男は国語がてんでダメなんです。

今まで、本を買い与える機会があったら
お子サマ向きの棚から選んでいましたが、
親の読ませたい説教くさい本と
子供の好みが合ったためしはありませんでした

もうそろそろ文庫本もいけるかも

おもしろくて
続きが気になって仕方ないような本

冬休みにはちょうどいいかも☆

なんていう私も、かつては大の本好きでしたが
子どもが生まれてからはすっかり読書から遠のき、
何を選べばいいのか・・・

めちゃくちゃ時間をかけて
新進気鋭の作家さんのものと
どれをとっても楽しめる馴染みの作家さんのもの、
五、六冊をレジに。

ICO-霧の城-
宮部みゆきさん著

は、そうやって私の手元にやってきました。

子どもに薦めるなら、まず読んでみよっ
と、読み出したら…止まらない!

もと不思議大好き少女の血がたぎりました

先が気になって
ついつい斜め読みしそうになりましたが、
薫り高い文章を雑に読んでしまってはもったいない!
そこはじっくりとね。

高級ファンタジーです。
血なまぐさくも誇り高い物語でした。

何回か引っ越しするたびに
たくさんの本を処分してきましたが、
特にお気に入りのものは別れがたく…
それでも、家の隅で眠っています。

また、手に取って読んでみようかな^-^

さて、長男ですが
お察しかと思いますが…

まだ一冊も手を伸ばしてはくれません

今日で冬休みも終わりです。





category: diary

thread: ハンドメイド - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。